Uncategorized

一酸化窒素(NO)の「めぐりサイクル」が血管拡張をサポート

マカエンペラーの3大成分の1つシトルリン

マカエンペラーの3大成分の一つ、L-シトルリン

シトルリンはアミノ酸の一種で、私たちのなじみが深いところでは、スイカから発見されています。

このシトルリン、体内に摂取されるとアルギニノコハク酸を経て、アルギニンへと変化していきます。

アルギニンは、アミノ酸の一種で、体内のアンモニアを除去する作用がありアミノ酸で、血管拡張作用があり、カラダの免疫力も高める作用があります。

さらにアルギニンも酵素と反応して、シトルリンへと変化し、この過程で一酸化窒素(NO)を産生するんですね。

この循環作用が非常に重要で、これがいわゆる「めぐりサイクル」(NOサイクル)として血管拡張・血流促進を促しているのです。

一酸化窒素(NO)の血管拡張・血流促進効果

この一酸化窒素(NO)は心臓と血管にとっては非常に大切な成分で、血管を柔らかくすることが指摘されていて、さらに血管拡張・血流促進を促します。

さらにNOは、血液中の血小板の凝集を抑制する効果があり、これが血液を「サラサラ」にすることから、動脈硬化や免疫力を高めるサポートもします。

そして、運動時にはアンモニアを取り除いて、乳酸の消費をサポートするため、疲労回復などの効果もあるのです。

この血管拡張・血流促進効果によって、ペニスだけではなく、脳の血管拡大を促すことによって、脳への血流が増えます。

これによって脳への血流が増えると、集中力が高まり、やる気が出てくるのもサポートしてくれるのですね。

このめぐりサイクルによって、女性に対しては血流が改善される効果から、むくみや冷え性を改善します。

一酸化窒素(NO)は30歳を過ぎると産生力が低下

このような作用のある一酸化窒素(NO)ですが、実は30歳を過ぎると産生力が低下していきます。

ですから、意識的にNOの産生力を高めていかないといけないのですね。

NOの産生力を高める方法としては、以下の方法が挙げられます。

  1. 食事
  2. 運動
  3. サプリメント

一酸化窒素(NO)の産生力を高める食事

NOの産生力を高める食事としてはまず、たんぱく質を多めにとることを心がけていきましょう。

主にはアミノ酸が多く含まれている赤肉、魚や大豆などが中心となりますが、肉類が含んでいる飽和脂肪酸はNOを作る血管内皮細胞を傷つけてしまうので、くれぐれも摂りすぎに注意してください。

一酸化窒素(NO)は運動によっても産生される

NOは運動によっても産生されることがわかっていますので、たとえば1日30分、ジョギングやサイクリング、水泳などの有酸素運動、またはベンチプレスなどの筋トレによって産生されます。

ただ、激しすぎる運動だと、かえって逆効果になりますので、適度な運動を心がけましょう。

まとめ

シトルリン、そしてアルギニンを豊富に含んでいるクラチャイダムやマカ。

これらのすべて含んでいるマカエンペラーでめぐりサイクルを活性化させ、「男の自信」を取り戻しましょう!

引用・参考:
シトルリン研究会ウェブサイト
シトルリン研究会「現代人の代謝とシトルリン摂取の可能性」

 

\これで「男の自信」を取り戻す!/