Uncategorized

勃起不全(ED)と動脈硬化

日本人男性では、40歳以上の3分の1、人数的には1130万人ともいわれる勃起不全(ED)。

40歳を超えると男性ホルモンの分泌が減少してくるため、EDの原因は年齢による部分も大きいのは確かです。

でも、このED、「年だからしょうがない」と簡単に考えてしまうのは注意が必要です。

勃起不全(ED)が動脈硬化に与える影響

近年、EDが性機能に与える影響だけではなく、心筋梗塞や脳卒中を引き起こす「動脈硬化」に与える影響が指摘されています。

前述した1130万人はEDといっても比較的症状が重いケースで、

  • 性交では立たないことがあるが、自慰行為では問題ない
  • 毎回立たないわけではなく、できるときもある

など比較的症状が軽いケースも含めると数はもっと増えていきます。

勃起のメカニズムと勃起不全(ED)の原因

通常、勃起は性的刺激を受けて、それが脳に伝達され、さらに勃起神経と伝わり、陰茎動脈に血液が流れ込むことで起こります。

この、陰茎動脈は他の動脈よりも細く、その内径は1~2㎜。しかし年齢とともに老化した血管は動脈が硬くなり、血液が流れ込みにくくなります。

メタボリックシンドローム(メタボ)や肥満によっても動脈が硬くなる現象が起こります。

これにより、陰茎が十分に硬くならない、もしくはそもそも硬くならないというEDの症状を引き起こすのです。

EDの症状を放置することは動脈硬化を見逃してしまう可能性も

ということは、EDの症状を起こしている人は、血管が硬くなっているという動脈硬化を起こしている、もしくは起こしかけている可能性があるわけですね。

血管が細い陰茎でこのような状況が起こっている場合は、早かれ遅かれ心臓やその他の場所でも同様の状況が起こっている可能性は高いわけで、注意が必要となります。

心臓の冠状動脈は内径が3~4㎜あるため、陰茎とは同じスピードで動脈硬化が起こることはないと考えられますが、EDが顕在化している状態では、他の比較的太めの血管でも、血管が詰まり始めていたり、血管が狭くなってきているサインである、ととらえる必要がはあります。

心筋梗塞は突然死にもつながるもので、冠動脈疾患の患者の4~7割がEDを抱えているというデータもあります。

EDを医学的に治療することも可能性として検討

ED治療薬として知られているのは、バイアグラ、レビトラ、シアリスのような「PDE5阻害剤」と呼ばれているED治療薬です。

それは、これらの薬剤が血管の拡張を促し、これにより血流を改善し、陰茎に血液が流れ込むのを助けて勃起をさせるからなんですね。

しかし、これらのED治療薬は正しく使用することが必要ですので、処方にはしっかりと医師に相談の上、処方をしてもらうようにしてください。

また、動脈硬化などの予防の観点からも、比較的中程度から重度のED症状を抱えている方は、それを放置せず、医者に相談してみるなど早期に対策を取ることをお勧めいたします。

引用・参考:
FNN PRIME 4人に1人が抱える「ED」 放置すると、命を落とす事態も!
日経Gooday EDは動脈硬化のサイン! 気になる治療薬の最新事情

\これで「男の自信」を取り戻す!/