Uncategorized

筋肉のエネルギー源:BCAA

筋肉のエネルギー源:必須アミノ酸BCAA

BCAAって聞いたことがありますか?

筋トレをしている人は聞いたことがあるかと思いますが、それ以外の人はほとんど知らないのではないでしょうか。

BCAAは運動時の筋肉のエネルギー源となる必須アミノ酸です。

必須アミノ酸ということは私たちのカラダで生成することができませんので、食物やサプリなどで摂取する必要があるのですね。

具体的には、BCAAはBranched Chain Amino Acid(分岐鎖アミノ酸)の略称で、バリン、ロイシン、イソロイシンという3つの必須アミノ酸の総称となっています。

これらの3つのアミノ酸が枝分かれするような分子構造をしていることからBCAA(分岐鎖アミノ酸)と呼ばれているんですね。

BCAA摂取による効果①:筋たんぱく質の分解を防ぐ

BCAAの効果の一つとして挙げられるのは、筋たんぱく質の分解を防ぐことです。

長時間にわたる運動などをすると、私たちのカラダの中では、エネルギー源となるブドウ糖(グリコーゲン)や脂肪(脂肪酸)、血液中のアミノ酸を利用しています。

これらを使い切ると、筋たんぱく質を分解して、アミノ酸を取り出して利用するようになり、この状態が続くと筋力の低下を招いてしまいます。

ですから、運動前にたっぷりとBCAAを摂取しておくことで、摂取したBCAA自体がエネルギー源となっていくため、結果的に筋力の低下を防ぐことができます。

BCAA摂取のタイミングとしては、BCAAが血液中の濃度のピークに達するのに30分ほどかかるので、30分前に摂取するようにするのが効果的です。

BCAA摂取による効果②:セロトニンの生成を防ぎ疲労を減少させる

疲労のメカニズムとして、長時間運動をすることで、疲労誘発物質であるセロトニンが脳内に蓄積し、このセロトニンの蓄積が原因となって、脳が疲労を感じると言われています。

これは、もともと血中に含まれるトリプトファンというアミノ酸が脳内に輸送され、トリプトファンが脳内でセロトニンを生成することが原因となっています。

ですから、このトリプトファンが脳内に輸送されるのを防ぐことができれば、疲労感も減少させることができることになります。

ここで、BCAAが活躍するわけなんですね。

アミノ酸が脳内に輸送される際には、輸送体を使って脳血管関門を通る必要があるのですが、トリプトファンとBCAAは同じ輸送体を使っています。

このため、血中におけるBCAAの濃度が高まれば、輸送体におけるトリプトファンの濃度が低下するため、セロトニンも作られることがなくなり、精神的な疲労及び回復に効果的である可能性が高まります。

まとめ

マカエンペラーにはBCAAも豊富に含まれていることから、セロトニンの生成を減少、または防ぐことによって、疲労回復にも効果があると考えられます。

BCAAは体内で生成されない必須アミノ酸ですから食物やサプリから摂取する必要があります。

是非、BCAAをたっぷり摂取して、元気はつらつとした生活を送っていきましょう!

引用・参考:グリコ「筋肉作りのメインキャスト、BCAAについて」
グリコウェブサイト「健康科学研究所・BCAAとは」

\これで「男の自信」を取り戻す!/